ストレス解消のために過食になることもあります

アルコールは食欲を増進させて、食事を美味しくしてくれるものです。
時々は良いのですが、毎日となると、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

以前、私は毎日のように夕食時に、ビールやウィスキーを飲んでいました。
そのため、食欲が旺盛になり、ついついたくさん食べてしまいました。
どれも美味しくていくらでも入りそうな感じでした。

 

食事のあとに、さらに締めのラーメンを食べていたこともありました。
食事が夕食に偏ってしまい、その調節を朝食や昼食で行っていました。
朝食は時には抜くこともあり、頭がぼーっとしたまま、職場に向かうことも少なくありませんでした。

 

夕食をたくさん食べていた原因の一つに、仕事でのストレスがありました。
たくさん食べることによって、ストレス解消をして、心を安定させていたのだと思います。

 

この経験から、ダイエットをしたり、太らないようにするためには、まずストレスになりにくい環境作りが大切だと強く感じました。

 

 

お肌の透明感アップする方法

冬は肌が乾燥したりごわついたりお肌のくすみが気になる方も多いと思います。ルースパウダーでツヤと透明感をメイクで出すという方法もありますが、それよりも根本的に改善する方法があります。まず代謝をアップさせることです。肌のターンオーバーといって生まれ変わりが滞っていたらやはり血色の悪いくすんだ肌になってしまいます。
しっかりと入浴して汗をたまのようにかくこと。これだけでもだいぶ透明感のある肌になります。汗をかいて毛穴を開き、洗顔することで毛穴の奥の汚れや老廃物を洗い流します。入浴前より一段明るい肌になります。くすみの原因の汚れをしっかりと落とすことで透明感あふれる健やかなお肌になるのです。あとは化粧水をたっぷりつけたりローションマスクなどで保湿をしてあげると、みずみずしいうるおいあふれるお肌になります。うるおいを入れ込んだら乳液やクリームでしっかりフタをして水分の蒸発を防ぎましょう。